-
Espace presse
Close

メゾン モデル 関連項目

メゾン

プロフィール

「時計作りのというものは既にすべてが為されているが、すべてを為さなければいけない」、これがクリストフ・クラーレの信条です。彼は過去の遺産や伝統からインスピレーションを受け、それを現代の技術で再構築する事を目指しています。そうした彼の作品は高度な技術と革新性を組み合わせたもので、グランドコンプリケーションに新しい解釈を取り入れています。時に遊び心に満ち、時にひねりの効いた彼の時計は、探求への情熱に溢れています。トラディショナル、ゲーミング、エクストリーム、レディースの4コレクションを通して、彼のノウハウが発揮されています。


歴史

クリストフ・クラーレは幼い頃に機械式時計への情熱に目覚めました。ジュネーブ時計学校を卒業するとロジェ・デュブイの下で修業を続け、続いてリヨンに家族経営のアトリエを開いて修復に携わりました。  1987年は彼にとって運命的な年でした。ユリス・ナルダンのオーナーであるロルフ・シュナイダーに出会い、オートマトン付きのサンマルコ・ミニッツリピーター20本を受注したのです。彼の情熱と意欲はさらに高まり、その2年後にマニュファクチュール・クラーレを設立しました。それからわずか10年の間に彼の名前は複雑時計の権威となり、顧客もますます増えていきました。その後新しいステップアップとして、ル・ロックルにあったソレイユ・ドールと呼ばれる建物を1999年に購入します。   2002年から2008年にかけてマニュファクチュールは拡充を重ね、現在では約30職種、約100名の社員を抱えるまでになっています。自社以外から仕事を受ける傍らで自身の名を冠した時計も作り続けてきましたが、元々サイドビジネスだったものが2009年にその真価を発揮する事になります。会社設立から20周年に当たるこの年に発表されたデュアルトゥは彼のスキルが随所に盛り込まれ、未来のグランドコンプリケーションを予感させるものでした。現在クリストフ・クラーレは独立系ブランドとして、すべて自社生産が可能なハイエンドブランドにその名を連ねています。

タイムラインを見る

モデル