-
Espace presse
Close

メゾン モデル 関連項目

メゾン

プロフィール

時計に新しい哲学を取り入れたマクシミリアン・ブッサー&フレンズ(MB&F)は、透明性を重んじる人物です。彼の類まれな想像力は時に奇想天外な時計を生み出します。彼の下に時計業界の優れた専門家達の才能が集まり、人類が手にした事の無い時計を作り出すのです。異次元からやって来たようなその時計には、常に製作に関わったすべての人物の名前が明記されています。


歴史

精密エンジニアリングの専門家であるマクシミリアン・ブッサーは、ジャガー・ルクルトで7年間の経験を経る中で自分の時計を作る構想を固めていきました。   31才の時にハリー・ウィンストンでレア・タイムピース部門のマネージング・ディレクターを務め、この世界的ジュエラーが時計業界の頂点に駆け上がるために尽力しました。1998年から7年間でハリー・ウィンストンの時計を有名にし、2001年に始まったオーパスコレクションにも関わりました。才能溢れるウォッチメーカー達との仕事を通して、従来の概念を突き破った前代未聞の時計を作り出す全権を彼らに与えました。こうして作られた作品はいずれもウォッチメーカーの個性を発揮しながら、ハリー・ウィンストンの特徴も踏まえています。大成功を収めたこのコンセプトが、彼を突き動かしました。そして2005年にMB&Fを立ち上げ、彼の想像を形にしたオロロジカル・マシン開発に乗り出します。この頃の資料を見ると、彼の溢れ出す想像力が見て取れます。そして2007年に宇宙船、ユンカースの胴体、1970年代の未来像をイメージしたオロロジカル・マシン1号が発表されました。2011年からはもう少し控えめなものを好むユーザーに向けて、レガシー・マシンを発表します。これは2番目のコレクションで、複雑なメカニズムに引けを取らないデザインが特徴です。さらに時計に留まることなくリュージュとのコラボレーションによるミュージック・マシン、レペ1839とのクロックなど、次々と作品を発表しています。

タイムラインを見る

モデル