-
Espace presse
Close

メンテナンス

リュウズ

時計の劣化するポイント

リュウズ

リュウズにショックを与えると、リュウズはもちろん巻真にもダメージを与えてしまいます。リュウズを下にして時計を置くのは、時計の正常な動作を妨げる怖れがあります。時計を腕にはめたままで手巻きを行なうのは、巻真を曲げて内部にダメージを与える怖れがあるので避けるべきです。

戻る