-
Espace presse
Close

メンテナンス

アフターサービス

アフターサービスの種類

ベーシックサービス

ベーシックサービスは、ムーブメントを分解するまでには至らないサービスの事です。

その内容は:

  • クリスタル交換
  • 歩度テストと調整
  • ケースのポリッシュ
  • クォーツ時計の電池交換
  • ブレスレット交換(ロウ付け作業は含みません)

その他のサービス :

規定の内容に加えて、以下のようなサービスもあります。

  • 内部部品や外装のチェック
  • クォーツ時計の電池交換
  • 歩度調整
  • ガスケット交換、防水検査
  • ケースやブレスレットのクリーニング

 

フルサービスでは、ムーブメントを完全に分解します。機械式時計はおよそ4年から5年で定期的なフルサービスが必要になります。また時計の調子が悪くなった場合にも同様です。フルサービスには時間を要し(最低でも4週間)、様々な工程を経て行なわれます。例えば、調整作業には約2週間が必要になります。歯車やバネなど、破損・磨耗している部品は交換されます。

フルサービスの内容は:

  • 総点検
  • ムーブメントをケースから取り出して完全に分解
  • ムーブメント部品の洗浄
  • 破損・磨耗している部品の交換、組立て、注油
  • 歩度調整
  • ケーシング
  • 電池交換(クォーツ時計の場合)
  • ガスケット交換、防水検査
  • パワーリザーブのチェック
  • ケースやブレスレットのクリーニング
  • 外装の点検、ポリッシュ

レストレーションは、およそ20年以上経った時計に対して行なわれる作業です。時計の動作を回復するために、必要であれば部品が新たに製作されたりします。高級ブランドの場合、ヴィンテージモデルのレストレーションも可能でしょう。その作業期間については状況によって異なりますが、大事なのはその結果でしょう。

戻る