-
Espace presse
Close

機械式時計

時計のクオリティは、何よりもまずウォッチメーカーの技量に左右されます。

完成されたムーブメントの価格の内で、ウォッチメーカーの仕事に比べると材料費が占める割合いはごく僅かなものです。忍耐強いクラフトマンシップと高度な技術の結晶である時計は、時計に命を吹き込むウォッチメーカー達を無くしては存在し得ないものなのです。


テンプとヒゲゼンマイ : スピードを調整する

ムーブメントを構成する機構

テンプとヒゲゼンマイ

 

テンプとヒゲゼンマイは時計の心臓部と言えます。振動するテンプの正確な周期が時計の精度を決めます。

テンプ(1)は真ん中にアームがついた輪で、重さのバランスが取られています。そしてヒゲゼンマイ(2)は髪の毛よりも細いスチール合金製のコイルです。

テンプは行ったり来たりする往復運動を繰り返します。この規則正しい1つ1つの動作が、分割された1つの単位となります。 

  1. テンプは行ったり来たりする往復運動を繰り返します。この規則正しい1つ1つの動作が、分割された1つの単位となります。

     

  2. テンプが回転するとヒゲゼンマイは縮み(または広がり)ます。衝撃の強さとヒゲゼンマイの抵抗が釣り合う位置までテンプは回転を続けます。

     

  3. テンプが回転するとヒゲゼンマイは縮み(または広がり)ます。衝撃の強さとヒゲゼンマイの抵抗が釣り合う位置までテンプは回転を続けます。
  4. テンプが元の位置にまで戻ってきます。これで1振動です。

     

  5. アンクルから再び衝撃を受けて、逆方向に回転します。
  6. 1往復運動「1ヘルツ』は2振動の事を意味します。

ヘルツは1秒間当たりの往復回数で表わされます。ムーブメントのスペックなどでは1時間当たりの「振動数」が用いられる事が多いでしょう。下のリンクでそれぞれの音を再生出来ます。)

  • 2.5ヘルツは1時間で18,000振動。1秒当たりでは5振動です。
  • 3ヘルツ は1時間で21,600振動。
  • 4ヘルツ は1時間で28,800振動。
  • 5ヘルツ は1時間で36,000振動。1秒当たりでは10振動です。

ゼンマイから伝わる動力は、こうして規則正しい振動に変換されています。従って輪列は一定のスピードを保って回転し、そこに針が付いて時間を表示するのです。

戻る