-
Espace presse
Close

watch

タイムウォーカー クロノグラフ ツインフライ

Montblanc 2011

Montblanc: タイムウォーカー クロノグラフ ツインフライ/2011

ル・ロックルのマニュファクチュール、モンブランが自社開発したムーブメントを搭載しており、設計、製作、組立て、クオリティコントロールまでの全てが自社内で行なわれています。

チタン製ケースはブラックDLCコーティング(スチールの1.5倍の硬度)されており、300本の限定生産となります。レギュラーモデルとして、ステンレススチールモデルが2種類発売されます。

フライバック機構を備えた新しいクロノグラフ・ムーブメント: キャリバーMB LL100

伝統的なコラムホイールによるクロノグラフ機構の制御方法は高級時計において必須のものと言えますが、その製作には多大な労力を要します。そして現代のクロノグラフ・ムーブメントに多く用いられる垂直クラッチは摩擦が少ないため、クロノグラフを長時間動かしたままにしても部品の摩耗が抑えられます。

クロノグラフの動作中にケース横4時位置のボタンを押すと、クロノグラフ秒針と60分針が一瞬でリセットされ、再び計測を開始します。この動作を「フライバック」と呼び、中央の同軸にあるクロノグラフの針2本がこの動作を行ないます。