-
Espace presse
Close

watch

カルティエ - タンク

Cartier 1919

Cartier : カルティエ 1917 タンク

第1次世界大戦で登場した戦車からインスピレーションを得て、1917年に製作されました。エレガンスと品位に溢れ、ルイ・カルティエの卓越した才能を示しています。この時計は「タンク」と名付けられ、自信を持って世に送り出されました。

その名が示す男性的な一面と生来備わっている女性的な一面、これらが醸しだす優美さがこのモデルの特徴と言えるでしょう。その後1世紀を経て、「タンク」は数々のライバルとの競争を生き残り、そのバリエーションを広げていきます。一般に向けて発表された1919年より、独特の角型ケースはそのままに「サントレ」、「シノワーズ」、「バスキュラント」、「アメリカン」、「フランセーズ」など様々なバージョンが発表されてきました。しかしこれらに一貫しているのは、一目で「タンク」と分かるその個性です。

そのシルエットはバージョンによって長く、シャープに、またはより強固に変化します。角型の中に曲線を含みつつも、個性的なケースサイドの形状は決して損なわれる事無く、またモデルの特徴である文字盤のローマ数字とレイルロード分トラックは常に健在です。「タンク」は世界中のセレブリティに使用されています。映画宣伝がまだ無かった時代、往年の映画スター達がプライベートで使用していたほどです。