-
Espace presse
Close

文化委員会 - 販売とアフターサービス

販売の現場は、お客様と直に接する所です。販売店やブランドにとって、将来のお客様に出会う場所と言えます。


単一であれ複数であれ、時計ブランドの時計を扱う販売店は、高級時計の価値を伝える代表役です。プロフェッショナリズムと思いやりに溢れた、完璧なサービスを提供しなければいけません。


コーディネーター

パスカル・ラヴスー


ビジネススクール・ローザンヌのMBA資格を持ち、2000年にはPR&イベントマネージャーとしてハリー・ウィンストンに加わり、後に時計部門において販売・マーケティングの責任者を務めました。2007年には高級時計財団のマーケティング・開発ディレクターに就任し、現在は世界各国におけるFHHの文化活動を監督しています。またラグジュアリー業界のマネージメントを研究する学会のメンバーで、ジュネーブのビジネススクール、ビジネススクール・ローザンヌ、パリのスプ・ドゥ・リュクスで講師を務めています。


エキスパート/ヨーロッパ

ファビオ・ベルティーニ


叔父の時計店F.lli Pisaで1970年代から働き始めました。販売に携わる以前はクロックの修理技術と時計に関する知識を身に付け、その後はアフターセールスサービスを含む様々なビジネスを手がけました。次いで約20年に渡ってミラノにあるピサ・オロロジェリアの総支配人を務め上げ、現在は外部からこの高級時計店の発展に尽力しています。


ジャン・ルイジ・カヴァッリ


時計業界に入ったのはジム・ゲルバー時計店で、2001年から2002年まで共同経営者を務めました。この5年間は、時計販売の重鎮であるチューリッヒのグベリンでディレクターを務めています。またマルケージ・カヴァッリ・グループのCEOも兼任しており、フライブルグ大学の法学修士号も取得しています。


ローラン・ピチョット

パリにあるクロノパッションの創設者で、高級時計財団のアンバサダーも務めています。またウブロ初のブティックを手掛け、以前はリシャール・ミルの株主でした。時計販売のエキスパートとして世界中に知られる人物で、その情熱は父から受け継いだものです。その膨大な知識を生かして、2009年と2010年のジュネーブ・ウォッチ・グランプリで司会者を務めました。


エキスパート/アジア

ダニエル・チャン

パラゴン・インターナショナル社の創立者・経営者で、高級時計業界で20年を超えるキャリアを積んでいます。パラゴン社は中国本土におけるカルティエ・ブティックの主導役です。また135年前に香港に設立された慈善団体、保良局の役員も務めています。以前は香港ウォッチ・トレード・アンド・インダストリーズの会長でした。


マイケル・テイ


ザ・アワーグラス社の常務取締役で、オックスフォード・ブルックス大学を首席で卒業しています。その後時計業界で様々なキャリアを積んできた人物です。他にも国立遺産局、STPI、ビジュアルアートと文化遺産との融合を目指すプラットフォーム・プロジェクツなどに役員として名を連ねています。また国際的な人道主義NGOであるマーシー・リリーフの会長も務めています。


エキスパート/アメリカ

テリー・ベターリッジ


1700年代にイギリスのバーミンガムに創業した高級ジュエリー・銀器店、ベターリッジの5代目です。同社のCEOであり、彼の力によってベターリッジはジュエリーのデザイン・販売において世界トップクラスとなりました。現在はグリニッジ、パームビーチ、ヴェール、アスペン、サウサンプトンなどに店舗を持ち、グローバルに展開しています。ニューヨークタイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、ヴァニティフェアなどの記事に取り上げられた事もある人物です。


スティーブン カイザー


ボーム&メルシエに入り、その後1993年から1998年にかけてアメリカ支社のCEOとなりました。この15年間はカイザータイム社を設立し、時計業界におけるコンサルタントと人材業を手掛けました。またニューヨークのトウェンティフォー・カラット・クラブ、ジュエラーズ・ヴィジランス・コミッティ、ジュエラーズ・セキュリティ・アライアンス、アメリカン・ウォッチ・アソシエーションなどの業界団体の指揮を務めています。また高級時計財団のアメリカ代表でもあります。



レーン・シフマン

高級時計宝飾店シフマンズとシュリーブの副社長、アメリカ


エキスパート/中近東

ナイレシュ・キムジ


世界経済と社会問題について鋭敏な感覚を持ち、2007年から故郷マスカットに戻りました。オマーン最大のグループ企業でラグジュアリー製品販売のトップであるキムジ・ラムダ (KR)グループの取締役・株主です。現在はオマーン商工会議所(OCCI)の経済委員会や起業家機構(EO)、ヤング・アラブ・リーダーズ(YAL)、ヤング・プレジデンツ・オーガニゼーション(YPO)などの国際機関のために尽力しています。


アブドゥル・ハミエド・セディッキ


アブダビにある外務省で、各国政府との渉外担当を務めました。現在はアフメド・セディッキ&サンズの副会長を務め、これまでも同社の発展を指揮し、主要ブランドや戦略パートナーとの関係作りに尽力してきました。また高級時計財団の中近東におけるアンバサダーも務め、様々な企業や政府機関にその名を連ねています。