-
Espace presse
Close

文化委員会

時計業界の指標となるべく、高級時計財団(FHH)は高級時計の在り方を定義し、業界のテーマに取り組んでいます。その活動を支えているのは専門家達で構成される独立機関、文化委員会です。

文化委員会の任務は、主に3つあります。まず高級時計の在り方を定義し、それに相応しいブランドを選定します。これは文化委員の意見を通して決定される、正当性のあるものです。また高級時計業界の様々なテーマに対するFHHの見解を決定するのにも、文化委員会の意見が求められます。さらに文化委員会は、FHHが行っている様々な活動にも貢献しています。


運営委員会

会長を含む5名の常任メンバーで構成されます。文化委員会の意見をまとめ、7種の専門分野について人選を行います。文化委員会とそのプロジェクトを取りまとめるのは事務局長です。

Jasmine Audemars
Fabienne Lupo
Franco Cologni (主席)
Aurel Bacs
Pascal O. Ravessoud
Stefano Macaluso

事務局長: Pascal O. Ravessoud


それぞれの専門分野

文化委員会は42名で構成されています。7分野のいずれかにおいて、高級時計業界でその名を知られる専門家達ばかりです。各グループをまとめるのはコーディネーターの役割です。


歴史とDNA




スタイル、デザイン  創造力




研究開発、製造と   専門技術




販売と          アフターサービス




愛好家やコレクター




ブランド イメージと  コミュニケーション




トレーニング