-
Espace presse
Close

文化委員会 - 研究開発、製造、専門技術

高級時計には製造、仕上げ、装飾について完璧が求められます。そのためには始まりから完成に至るまで、時計のあらゆる点について熟考しなければなりません。

研究開発への投資、特に新素材については、時計のレベルを高めるためにもさらに重要度を増しています。


コーディネーター

エマニュエル・シュナイダー

高級時計財団のマーケットリサーチ・マネージャー、文化委員会のコーディネーター


エキスパート

アンリ-ジョン・ベルモン

高級時計の専門家で、熟練エンジニアであるだけでなくINSEADのMBA資格を保有しています。1987年にはジャガー・ルクルトのCEOとなり、2001年にはリシュモングループの役員となりました。そこでグループのブランドのうちジャガー・ルクルト、IWC、A.ランゲ&ゾーネの統合化を指揮しています。また2006年にベルモン・コンセイユ社を立ち上げる前には、リシュモングループで用いるムーブメントの製造戦略を推進しました。



ヴァンサン・ダヴォー

ジャーナリスト、歴史家、ウォッチメーカー、フランス


エリザベット・ドーア

1991年に初めてバーゼルフェアを訪れて以来、時計の魅力に取りつかれています。彼女の記事は毎年数百万人が読んでおり、新聞、雑誌、オンラインなど様々な媒体で目にします。中でも彼女が発行するデジタルマガジンQuillAndPad.comはよく知られています。独立時計師へのラブレターとも言える初の著作「12 Faces of Time」が2010年に出版されています。


ミシェル・ジャノ

ジャーナリスト、スイス時計の情報を発信するBIPHの設立者、スイス

ミシェル・ジャノは、世界中の約15メディアと協力して情報を発信するジャーナリスト集団BIPHを率いる人物です。自信に溢れ、時に辛辣なその態度はテクニカルな話題や業界における様々な話題についても同様です。彼は「Montres Le Guide」誌(発行部数205,000)やウェブサイト「WtheJournal.com」の創設者でもあります。またビラン、ル・フィガロ、ハフィントンポスト、HHマガジンなどにも記事を書いています。


シーン・リー

「Revolution」誌の論説員、香港

彼は時計を愛する人物で、初めてパーペチュアルカレンダーを目にした時にその内部に引き込まれたと言います。2009年まで情報産業分野で働きましたが、いきなり香港「Revolution」誌の論説員という華麗な転身を遂げました。さらに「Tatler」誌アジア版の時計記事を担当し、2012年からはジュネーブ・ウォッチ・グランプリの審査員も務めています。


クリスチャン・ピゲ


高級時計のコンサルタントで、ジュウ渓谷にある時計博物館エスパス・オルロジェの副館長を務めています。1977年から2007年までは、ロレックスで全世界に対するアフターセールスサービスのディレクターを務めていました。その中でベルジョン社とWOSTEPの管理も務め、さらに世界中のトレーニングセンターや時計学校設立の監督指揮を行いました。2008年にはピゲタイム・コンセイユ社を設立しています。