-
Espace presse
Close

スイス : ウォッチメーキング トレーニング

 “ウォッチメイキングについて学ぶ最善の方法は?”

スイスにおけるウォッチメイキング関連のトレーニングについて 2014


時計業界でのキャリアが満載? 素晴らしい、でも最善の方法は?

時計業界に入ったばかりの人、新しい分野で再教育を受けたい人、自分のスキルをさらに伸ばしたい人―。 このハンドブックにはスイスで学ぶ機会がたくさん詰まっています。時計業界を包括する独立組織、高級時計財団が編集したものです。  

 “現在のスイスでウォッチメーカーになるには“ – 5部に渡る実践的かつ無料のガイダンスで、オンラインでの相談やダウンロードにも対応しています。





目次

第1部: 歴史の紹介
スイスで時計教育がどのように発達してきたか?製品作りに反映されているか?を紹介します。  

第2部: 現在のトレーニング
あなたの知識や経験にぴったりのコースを選びましょう。  

第3部: 基礎職業訓練
義務教育を終えると、実際の現場や専門学校で時計を学びます。

第4部: 職人技
ジェムセッティング、エングレービングなど幾つかの技法は学校で学ぶ事ができます。しかしエナメル、ギョーシェ彫り、パイヨンなどの技法は企業内のトレーニングを受けるか、熟練職人の下で学ぶしかありません。  

第5部: 高度な職業訓練
基礎訓練を終えた後の職業訓練について、連邦技能資格の取得から応用化学大学までを紹介しています。