デザインと開発

マイクロテクノロジー・エンジニア(材料と時計)

マイクロテクノロジー・エンジニア(材料と時計)
上級職業教育

訓練期間:
3年
言語:
フランス語
ディプロマ:
HES学士号
入学資格

関連分野における連邦VET資格(CFC)と連邦職業訓練の学士号を持つ者、またはマイクロテクノロジーの連邦PET資格(ESディプロマ)を持つ者

ジュネーブ造園・技術・建築学校(HEPIA)ではエレクロトニクス関連のデザイン、応用物理に加えて、材料と時計に特化したマイクロテクノロジー・エンジニア育成のコースを設けています。複雑さを増すニーズに答えるべく、幅広い能力を育成します。

1学期と2学期では、マイクロテクノロジー・エンジニアとしての基礎知識を学びます。

これは機械エンジニアリングと同様で、3学期と4学期になると基本的なメカニズムに習熟していきます。

5学期と6学期ではさらに習熟度を増し、マイクロテクノロジー分野の専門家としての資質を養っていきます。

6学期の終わりには学士論文を書き、3年間のコースを修了するとマイクロテクノロジーの理学士号が与えらえれます。

ソース; ジュネーブ造園・技術・建築学校(HEPIA)

関連職業

関連学校

トレーニングのページに戻る