デザインと開発

マイクロテクノロジー・エンジニア(時計)

マイクロテクノロジー・エンジニア(時計)
上級職業教育

訓練期間:
3年
言語:
フランス語
ディプロマ:
HES学士号
入学資格

関連分野における連邦VET資格(CFC)と連邦職業訓練の学士号を持つ者、マイクロテクノロジーの連邦PET資格(ESディプロマ)を持つ者、高等学校を修了し1年間のインターンシップ経験のある者。

ヌーシャテルにあるArcエンジニアリング校では産業、マイクロテクノロジー、エレクトロニクスに加えて時計を専門とするマイクロテクノロジー・エンジニアを育成するコースを設けています。このコースではムーブメント、複雑機構、外装、精度、テクノロジーの5つにおける時計開発を学びます。卒業後は研究開発や検査の責任者のようなマネージャークラスに昇格する事もあります。3年間のコースを修了するとマイクロテクノロジーの学士号が与えられます。

 

ソース: Arcエンジニアリング校 / 応用化学大学 – Arcエンジニアリング – ヌーシャテル

 

 

 

 

 

関連職業

関連学校

トレーニングのページに戻る