若者のトレーニング

時計の世界を目指す若者には、2つの選択肢があります。1つは現場での教育で、学校の授業と職場を掛け持ちします。もう1つは時計学校、職業訓練校、大学で専門教育を受ける事です。

絞り込み