エングレービング、エナメル、ジェムセッティングなどは時計を装飾する技法としてウォッチメイキングに欠かせないものです。多くの時計ブランドはこれらの伝統的かつ希少な技法の保存や継承に取り組んでいます。これらすべての技法が学校で学べるわけではなく、技法によっては熟練職人の下について現場で習得しなければなりません。このサイトではこれらの職人技と、それが時計に与える価値についても紹介しています。

5 件

エナメルの魅力

エナメルは古くからジュエリーや金細工と密接な関係にあり、ルネッサンス期には時計の装飾に頻繁に用いられました。

さらに詳しく

ムーブメントの装飾とエングレービング

時計のムーブメントの多くは、湿気や埃から守るためにケースに収められていて見る事が出来ません。しかし中には裏ブタがシースルーになっていて、複雑な輪列の配置やブリッジなどの機構が見えるようになっているものもあります。

さらに詳しく

時計の顔、文字盤

文字盤とは正に時計の内面を映し出す顔であり、その機能を表わすと共に時計のアイデンティティとなるものです。さらに文字盤とは、ムーブメントの息吹を視覚に訴えるものと言えるでしょう。歯車や複雑機構など、ムーブメントのレイアウトは文字盤の外観に密接に関係しており、針やインダイアル、そして窓などの位置はムーブメントに従う事になります。文字盤を作るデザイナーや職人達は、こ...

さらに詳しく

革ストラップ職人

革ストラップ職人革ストラップ職人にとっては優れた仕事を追求する情熱こそが、より良い素材を求めるためのモチベーションとなります。優れた職人は2つで1組となるストラップをマッチさせるためのノウハウに長け、それぞれの模様や色が見事に調和した1組のストラップを作り出します。革ストラップ職人はその独創力で皮のカット方法、取り扱い方、縫い方、磨き方などを独学で身に付けます...

さらに詳しく